2021/04/10
女性心理

【実録】やっぱり好きって言われたい!女性が言われて嬉しい告白・ビミョーな告白

イメージ

なんとなく仲良くしているうちに付き合うようになった…。そんなカップルも多いですが、多くの女性はやはりきちんと「告白」をされて付き合いたいもの。

そこで今回は、アンケートで女性に聞いた「男性に言われて嬉しかった告白」や、「言われて謎だった変わった告白」のエピソードをご紹介していきます。


「好きです。付き合ってください」
ストレートな告白

「『好きなので付き合ってください』です。シンプルですが、いい雰囲気なのでなんとなく付き合う?という感じではなく、きちんと好きと言葉にしてくれたので嬉しかった」(32歳/情報サービス業)

「好きです、付き合って欲しいです。と素直に言われたのが一番嬉しかったです」(30歳/金融業)

「好きです。付き合ってください。 好きというフレーズが入っていると嬉しいです」(30歳/情報サービス業)


女性が嬉しかったと答えた中で圧倒的に多かったのが、「好きです」や「付き合ってください」などのシンプルな告白。ストレートに伝えることで真剣な思いがより伝わるようです。

付き合いたいと思っている場合は、勇気を出してストレートに気持ちを伝えた方が好感度が高いでしょう。

お互いなんとなく分かっているけど…
ちゃんと気持ちを言葉にしてくれた

「クリスマスイブとクリスマス2日とも過ごして、プレゼントも交換して(付き合っていないけれどお互いサプライズで準備していた)気持ちは伝わっていたけれど、きちんと『好きなので付き合ってください』と言ってくれたことです。なぁなぁではなく言葉で示してくれて嬉しかったです。今の夫です」(29歳/水道業)

「両思いがお互いに分かっている時に『ちゃんと俺から言わせて』と言ってくれた事です」(29歳/専業主婦)


こちらはお互いに脈ありだと分かっているパターンですね。ハッキリ付き合おうとは言っていないけど、お互い好き同士なこともあるかと思います。

ですが、それだと「私って本命なのかな?」と女性を不安にさせることも。

気持ちがある程度分かっているとしても、なんとなく付き合うのではなく、きちんと言葉にしてくれると女性は嬉しいようです。

結婚のことも考えた真剣な告白

「夫と付き合う時。とてもシャイな人だけど、まっすぐ気持ちをぶつけてくれて嬉しかったです。『付き合うからには結婚したいと思ってる、でももし俺じゃ嫌ならこのまま友達でいて』と言われた」(31歳/情報サービス業)

「『結婚を前提に付き合ってください』と。年上の私を不安にさせない配慮が嬉しかった」(34歳/医療業)


女性の中には結婚を見据えて男性と付き合いたい方もいます。

結婚のことを考えるタイミングは人それぞれですが、告白の時に結婚のことまでしっかり考えてくれている男性は信頼できますし、今後の付き合いを真剣に考えてくれているんだなと思えて嬉しくなるようです。

将来のことを見据えて女性と付き合いたいなら、告白の時にその気持ちを伝えることで、誠実さや真剣さをより相手に伝えることができますよ。

男友達からの突然の告白

「よく遊んでいた男友達に不意に『僕が好きって言ったらどうする?』と言われた瞬間です。私も好きだったので『試しに言ってみて?』と返答してしまいました」(36歳/会社員)

「『実はずっと好きだったんだよ』と。それまで冗談めかして好きだと何回も言われていましたが、この時は本気だと雰囲気で分かりました。私も好きだったので本当に嬉しかったです」(33歳/専業主婦)


好きな女性と友達同士だと気持ちを伝えるタイミングが分からなくなるもの。

相手の気持ちが気になる時は、アンケートのように「僕が好きって言ったらどうする?」と思い切って聞いてみるのも効果的かもしれません。また、「ずっと」という言葉がついていると、より真剣な気持ちが伝わるようです。

変わり種!上から目線のちょっと強引な告白

「『俺のこと好きでしょ。付き合ってあげてもいいよ』と上から目線で言われた事」(37歳/パート)

「『付き合ってもよいかも、まあ、○○がよいのならだけど』と言われたこと。明らかにツンデレな人だったので微笑ましかった」(22歳/小売業)

「壁ドンされながら『俺の女になれよ』。いつも高嶺の花扱いされてきて遠慮がちな告白する男性が多かった中で強気でこられて逆に新鮮でドキッとしました」(33歳/サービス業)


こちらは強引さのギャップにドキッとする告白のパターン。「言葉は悪いけど、気持ちが伝わる」というのがこの告白の魅力のようです。

普段、気になっている女性とからかい合うような関係なら、この告白のスタイルが気持ちを伝えやすいかもしれませんが、言葉が悪すぎると逆効果なので注意が必要です。

お互いの性格をよく理解しあい、関係性ができあがっていないと一気に引かれてしまう可能性もあるので、相手の女性の反応を見ながら思いを伝えた方がいいでしょう。

ちょっと勘弁…。独りよがりな謎の告白

「『出会ってからさ、俺のまわりにスピリチュアルなとこが起きるからさ、付き合った方がいいと思うんだよね』 言っている意味が分からないのと、気持ち悪いのでとても嫌でした」(36歳/専業主婦)

「『いや、付き合わないよ』と言っているのに、土砂降りの雨の中なぜかシャッターの閉まった小さな屋根の薬局の下で30分延々と告白されたことです」(30歳/自由業)


告白で大事なのは相手の気持ちを考えること。ですが、これらのパターンで告白されても女性は独りよがりな印象を受けてしまうでしょう。

好きな気持ちが強くて不自然な告白になっているのかもしれませんが、遠回しに言ったり長々と気持ちを伝えるよりも、ストレートに言葉にした方が効果的なようなので、気を付けた方がよさそうです。

まとめ

女性が言われて嬉しい告白の言葉は、やはりストレートに「好きです」、「付き合ってください」と言ってもらうことでした。

お互いに両想いだと分かっている時も、しっかり気持ちを伝え合うことで絆はもっと深まるはず。

告白の仕方によって、その後の付き合いが良くなったり、女性があなたの言動に改めてキュンとしてくれることも多いので、ご紹介したアンケートを参考に意中の女性に気持ちを伝えてみてくださいね。


調査手法: インターネットリサーチ
調査対象: 20~30代の女性
調査期間: 2021年2月
協力: ミルトーク

関連画像

Service Ranking

関連恋愛コラム

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ