2022/07/12
女性心理

モテる男性はやってる!女性がときめく「上手な自慢の仕方」5選

モテる男性はやってる!女性がときめく「上手な自慢の仕方」5選

女性から「すごい!」と良い印象を持ってもらうために、ちょっとした自慢話をしたい…!という男性は多いのではないでしょうか。

一方で、自慢話は「彼女にナルシストだと思われないかな?」と不安になる話題でもありますよね。

この記事では、女性が「素直にすごいと感じた男性の自慢話」の内容や話し方を紹介します。

これを読んで上手な「自慢」の仕方を学び、ご自身の株を着実に高めていきましょう!


1.自分から「すごい」ということを言わない

======================================
「本人からは『志望していたゼミに入れた』とだけ聞かされて『良かったね』と返していましたが、後日彼の友人から日本でもトップレベルの教授で所属する難易度がとても高いゼミだと聞いて、もっと自慢してもいいのに!!と思いました」(21歳/学生)

「いつも何も言わないが、取引先がヨーロッパ圏のときもアメリカのときも普通にあちらの言葉で対応していてびっくりした。聞けば日本語以外に4ヶ国語話せるようで全部独学らしくてびっくりしました。社会人になってから勉強したと聞いてすごいと思いました」(37歳/公務員)
======================================
恋愛においては余裕のある男性の方が魅力的に見えます。まだ恋人関係にない女性に対して自分から成功をアピールしすぎるのは、あまり得策とはいえないかもしれません。

気になる女性にちょっと自慢したい…と思ったときには、ご自身の語る成功がどのくらいすごいのかは公開せず、おのずとうわさが拡がるのをじっと待つのが理想と言えそうです。

2.周りに感謝する、見下さない

======================================
「相手が難関資格を取ったので、おめでとうと言ったら、『周りの人に恵まれたから合格できた』と謙虚な姿勢だった。努力もできるし周りの人の大切さも理解していて良い人だと思った」(28歳/化粧品メーカー)

「凝った手料理が作れるところ。 料理ができるからって私のことを見下したりしないのはいいなと思った」(22歳/その他)
======================================
成功をおさめ、周りを見下すような人は、女性にかかわらず相手に悪い印象を与えます。

何か成功をおさめてほめられたときには、「ありがとう。これも○○さんのおかげだよ」など、周囲への感謝を表してみると、女性に好印象を与えることができるでしょう。

3.向上心がある

======================================
「昇進したこと。おめでとうと言ったら『まだまだ上を目指して安定した位置を目指したい』と言っていたので、努力家で向上心がある人なのかなと思いました」(31歳/専業主婦)

「努力し勉強して大学院に進んだこと。夢に向かって頑張ることはすごい、向上心を刺激させられた」(28歳/専業主婦)
======================================
現状に満足している人と向上心を持って努力する人だと、応援したくなるのは後者です。

現状をもっと良くしたいと努力するあなたの姿勢に、女性は好印象を抱くはずですよ。

4.努力を継続する

======================================
「昇進の話。いつも頑張っている姿を見ていたので、私も自分のことのように嬉しかった」(30歳/専業主婦)

「『朝5時に起きて、ジムに行ってから仕事に行く』という話を聞いて、素直に超人だと思った」(33歳/サービス業)
======================================
人によっては「ルーティンは別に自慢じゃないよ!」と思う方がいるかもしれませんが、物事を続けることはそれ自体が他の人にはなかなか成し遂げられない素晴らしいことです。

「女性に自慢できるすごい実績なんてない…」と思っている男性も、何か習慣にしていることがないか、探してみてはいかがでしょうか?

今は特になにもしていないという人も、朝のウォーキングや読書をはじめてみるなど、自分に合った習慣を見つけ、実行し続けると、話のネタにも人生のハリにもなりそうですね。

5.夢をかなえる

======================================
「車が大好きな彼氏がベンツを買ったこと。頑張って働いて、思い切って買った車でとても幸せそう。自分で自分を幸せにしていることがすごいし尊敬します」(30歳/その他)

「昔からの夢としていた企業への就職をしたこと。そこまでいろいろと努力や苦労があったから本当に頑張ったと思うし、夢をかなえるのは大変だなと思った」(36歳/サービス業)
======================================
あなたが何かひとつ成し遂げたい目標を達成できたとしたら、それは立派な「尊敬される自慢」です。

それを女性に話す際には、先ほどの「周囲に感謝する」といったことを意識すると、なお好印象を与えられるはずです!

まとめ

今回は、女性が「素直にすごいと思った」自慢の仕方を紹介しました。

大切なのは、成功体験のすごさではなく、それをご自身がどのようにとらえているかが重要なようです。

「周囲に感謝する」「まだまだと向上心を燃やす」「継続する」といったことを意識すれば、おのずと女性に魅力を感じてもらうことができそうですね!

---------------------------------------
調査手法: インターネットリサーチ
調査対象: 20~30代の女性
調査期間: 2022年3月
協力: ミルトーク
------------------------

関連画像

Service Ranking

関連恋愛コラム

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ