• Home
  • 記事一覧
  • 約2割がオンラインプロポーズを「あり」と回答! コロナ禍で進むオンライン婚活【婚活者1,300人調査】
出会い方・アプリ

約2割がオンラインプロポーズを「あり」と回答! コロナ禍で進むオンライン婚活【婚活者1,300人調査】

IBJ オンラインお見合いに関する調査

⽇本結婚相談所連盟(IBJ)が会員1,347人行った調査で、会員の約2割がオンラインプロポーズを「あり」と考えていることが分かった。また、オンラインお見合いを経験したことがある会員は53.9%で、半数以上が「オンライン婚活」を行っていることが明らかになった。

全体の2人に1人がオンラインお見合いを経験

アンケート結果
(c)婚活総合サービス 株式会社IBJ


オンラインお見合いについては、半数以上が利用したことがあると回答。比較的若い世代の利用が多いが、50代以上も4割強が利用していた。

2
(c)婚活総合サービス 株式会社IBJ


「オンラインお見合いで大切にしていること」では、「背景(映る場所)を綺麗にする」が60%と、最も高くなった。

オンライン婚活のメリットとは?

3
(c)婚活総合サービス 株式会社IBJ


オンラインお見合いのメリットとして、約9割が「移動時間がない」と回答し、「費用負担が軽減される」「マスクをする必要がない」も半数を超えた。

実際に、オンラインお見合いが可能となったことで「お住まいの地域外へ申込み(or 検討)」をした会員は44.6%(n=1,298)にのぼり、エリア外の方へアプローチしやすくなったことが分かった。

オンラインと対面でのお見合い、チェックするポイントの違いとは?

4
(c)婚活総合サービス 株式会社IBJ


5
(c)婚活総合サービス 株式会社IBJ


続いて、お見合いでチェックしているポイントを、オンラインとオフライン(対面)で比較すると、オフラインのほうが全体的な割合が高く、様々な要素を総合的に判断しているといえる結果になった。

一方、オンラインでチェックするポイントは絞られており、オフラインよりも比較的ハードルが低くなっていると考えられる。

約2割がオンラインプロポーズを”あり”と回答

6
(c)婚活総合サービス 株式会社IBJ


「オンラインプロポーズ」については、約2割がオンラインプロポーズを”あり”と感じていることが分かった。

IBJでは、2020年4月にオンラインプロポーズが初めて成功し、その後も続々と成婚カップルが誕生している。

しかし「直接会って伝え合いたい(女性・30代)」「プロポーズは不要不急ではない(男性・30代)」など、オンラインプロポーズを「なし」と考える会員の方がまだまだ8割強を占めている。

7
(c)婚活総合サービス 株式会社IBJ


新型コロナウイルス収束後も「オンラインツールを活用した婚活を継続したい」と感じている方は半数を超えた。

IBJによると、コロナ禍において、オンラインツールを上手く活用することが、結婚の可能性を高める一因となっている。今後も婚活のオンライン化が進みそうだ。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:日本結婚相談所連盟に登録する会員1,347名
調査期間:2021年2月23日~28日

株式会社IBJ

ITプラットフォームを活用したIBJ独自のシステムと、人だけが提供できるハンズオンサービスの両輪で、お客様のライフスタイルや婚活フェーズに合わせたサービスの提供を行っています。事業の核となる日本最大級の結婚相談所ネットワーク「日本結婚相談所連盟」は、全国約2,700社の結婚相談所とお客様をつなぎ、IBJ独自の成婚メソッドを波及することで、お客様の満足度向上(=成婚数向上)および少子化問題の解決を目指しています。

・公式サイト
https://www.ibjapan.jp/

Services

Recommend

おすすめ記事

Ranking

人気記事
  1. りすこ
    コミュニケーション

    デートでモテる“女性のいじり方”<恋愛コンサルタントりすこ解説>

  2. JURI
    女性心理

    一途な男性はモテない!? 本命の彼女を落とすために欠かせないポイントを解説

  3. Rie
    女性心理

    40代・50代のオトナ男性必見!女性の恋愛対象に入るための減点ポイント&加点ポイント

  4. グイグイ来る人は嫌だと言われたから…
    実録・読みもの

    【みんなのアプリ失敗談19】グイグイ来る人は嫌だと言われたから…(26歳・男性)

  5. イメージ
    実録・読みもの

    【実録】マッチングアプリの達人が経験した「つまらなかったデート」TOP3