• Home
  • 記事一覧
  • クズなのにモテる男性、誠実なのにモテない男性 Vol.2
コミュニケーション

クズなのにモテる男性、誠実なのにモテない男性 Vol.2

おとうふ
おとうふ

こんにちは、マッチングアプリのプロフィール添削のプロ・おとうふです。

私はこれまでにPairsで300人以上と出会い、そこで培った経験やノウハウを活かし、これまで様々なアドバイスをしてきました。

前回に引き続き、「クズなのにモテる男性と誠実なのにモテない男性の特徴」についてご紹介します。今回は「誠実なのにモテない男性」についてお話していきたいと思います。


正直すぎるのもNG!?モテない誠実男性がやりがちなこと

「誠実なのにモテない男性」は、普通に考えれば“誠実の何がダメなの?”と思うかもしれません。

ですが、女性の心はとても複雑で、“好き好きアピールが激しい人”や“自分の気持ちの温度感とズレがある人”、“オレ通信(長文で自分のことを報告すること)を頻繁に送ってくる人”などはハッキリ言ってモテません。

“誠実な人=マメな人”とも言えるのですが、マメだからこそ悪気なく“オレ通信”を大量に相手に送りつけてしまうんですね。

こういう人は、女性が既読スルーをすると返事を待たずに「オーイ!」とメッセージを送って女性をドン引きさせてしまうので気をつけなければいけません。

同じことを相手にされたらちょっと怖いなと感じるはずですし、返事が来るまでしつこくメッセージを送ると“この人は私以外にメッセージを送る人がいないのかな?”と思われてしまうので絶対にやめましょう。

ただ、連絡を取らなさすぎるのもNGで、例えばデートの日程が決まったら当日まで一切メッセージを送らないでいると、“この人は私のことを本当に良いと思っているのかな?”と女性を不安にさせてしまいます。ですから、いちばん良いのは女性がメッセージを送ってくる頻度に合わせるようにすることです。

誠実でモテない人の特徴として次に多いのが“嘘がつけないこと”です。例えば、女性が「最近肌の調子が悪くて」と言ったあとに「確かに最近そうだよね」と正直に返してしまう人いますよね。

ここで「そんなことないよ」と返せば相手は不快になりませんが、モテる人の場合は「そうなんだ。最近何か大変なことでもあったの?」と返します。

まず相手の悩みを受け止めて、その上で心配をしていることが伝わりますよね。ですから、思ったことを正直にそのまま言うのではなく、思いやりを持って返事をすることが大切です。

自分軸で生きている人はモテる

モテる人とモテない人の決定的な差は“経験値”です。

例えば、学生時代の環境も大きく影響していて、毎日のように女子と会って話すことのできる共学出身の男性と、女子と交流する機会が全くない男子校出身の男性では比較にならないほど女性とのコミュニケーション能力が違ってきます。

その差を埋めるためにはとにかく場数を踏むしかありません。マッチングアプリでいいねをしてくれた女性と片っ端から会ったり、相席居酒屋やナンパなど失敗してもいいので多くの女性と出会って会話をすることが大事です。

そうすれば自然と自分の発する言葉で相手がどんな反応するかがわかるようになり、気に入られるために媚びたり無理に共感しなくても楽しい会話ができるようになります。

クズでモテる男性の中には自分の好きなものを追求してわがままに生きている人も多いですが、それはなぜかというと、女性は自分の考えをしっかり持っている男性に惹かれるからなんですね。

なのでモテたい人は他人の目を気にしすぎず、他人軸ではなく自分軸で生きることを大事にしてみるといいと思います。むしろ“どうせモテないなら自分勝手に生きよう”という考えで行動してもいいかもしれません。

好意を持った女性と友達以上恋人未満の関係からなかなか発展しない人は共感のしすぎに注意です。なぜなら他人軸で生きているからです。

なるべく自分の考えや意思をハッキリと女性に伝えて、異性として興味を持ってもらえるようにしましょう。ただ、女性としゃべるのが苦手な方に関しては、慣れるまでは相手の言葉に共感しながら会話を発展させていったほうがいいです。

誠実で正直なことは決して悪いことではありませんが、モテたい気持ちがある人は“相手を振り回す”ぐらいの気持ちで恋愛を進めることをおすすめします。

↓おとうふのプロフィール添削↓ 【プロフィール作成・添削】Pairsの赤ペン先生・おとうふのプロフィール作成・添削


おとうふプロフィール

マッチングアプリのプロフィール添削のプロとして活躍。「モテない」というコンプレックスを克服するためプロフィールを徹底研究し、Pairsで都道府県別1位(最高2000+いいね!)を獲得。300人以上と出会った経験や、日本心理セラピスト協会認定心理セラピストの資格を生かし、プロフィール添削・作成、写真選定サービスなど恋愛のサポートを行っている。TBS「マツコの知らない世界」などメディア出演実績や、セミナー、執筆、監修記事多数。

取材・文=奥村百恵

Coach

おとうふ

マッチングアプリのプロフィール添削のプロとして活躍。「モテない」というコンプレックスを克服するためプロフィールを徹底研究し、Pairsで都道府県別1位(最高2000+いいね!)を獲得。300人以上と出会った経験や、日本心理セラピスト協会認定心理セラピストの資格を生かし、プロフィール添削・作成、写真選定サービスなど恋愛のサポートを行っている。TBS「マツコの知らない世界」などメディア出演実績や、セミナー、執筆、監修記事多数。2021年秋にKADOKAWAより女性向けマッチングアプリの本の出版が決定。

おとうふ公式SNS

Twitter:@o10fusan

Services

Recommend

おすすめ記事

Ranking

人気記事
  1. アプリ編2-1
    実録・読みもの

    【漫画】マッチングアプリ初心者の非モテ、妄想がとまらない【マッチングアプリはじめました2】

  2. 外見編③-1
    実録・読みもの

    【漫画】中村倫也?!非モテ男が自分磨きした結果(写真あり)【婚活するために外見を変えた件3】

  3. 【最低男子力の底辺から這い上がる婚活日記1】
    実録・読みもの

    【漫画】モテた経験なし、最低男子力の僕が婚活【最低男子力の底辺から這い上がる婚活日記1】

  4. おとうふ
    実録・読みもの

    モテる男性はきつね顔、非モテ男性はたぬき顔を好む理由

  5. 合コン編①-1
    実録・読みもの

    【漫画】非モテのオタク男子、女子大生と合コンをする?!【女子大生と合コンした件1】