2021/07/24
女性心理

【気づいて!】女性からの好意を知る方法<早織先生の恋の保健室>

山本早織
監修:
山本早織

こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント、山本早織です。

これまで数多くの男性に対して恋愛のヒントをレクチャーしてきた私が「女性からの好意を知る方法」についてご紹介します。


気になる女性の気持ち知りたくありませんか?

「自分自身に好意を持ってくれているかな?」「自分はこの人からどう思われているのだろう?」と、気になる女性の気持ちを知りたいと思ったことはありませんか?

好きになればなるほど、自分自身の見られ方や「何か嫌われてないかな」と不安になることがたくさんあると思います。そんな時に役に立つ、相手の女性の好意を知る方法をお伝えします。

女性と男性のパーソナルスペース

パーソナルスペースとは他人に入られたくないと感じる無意識の領域のこと。女性は男性よりも、異性に対するパーソナルスペースが広い傾向にあります。

男性が「このぐらい近づいても平気だよな」と思っていても、女性は「ちょっと近いな」と警戒心を持っていると常に思ってください。

例えば、デート中に2人で歩いている時や、バーカウンターで一緒に座っている時。

男性が女性側にくっつきたいと思っても、できるだけ自分自身のパーソナルスペースを少し広くして、女性との距離を取ってみましょう。

この自分自身のパーソナルスペースを少し広く取った時に、もし女性の方から自分に近づいてきてくれたのならば、それは相手が自分に好意を持ってくれているという証拠です。

合コンなどで相手にすごくボディタッチする女性いますよね?

誰かれ構わずボディタッチするのは、その女性自身のパーソナルスペースが狭い傾向にあるかもしれませんが、基本的に女性は男性と接する際に「女性として子宮を守る」という本能が働きます。

ですから、男性に勘違いさせないためや、自分を守るために女性は少し広くパーソナルスペースをとる傾向にあります。

それを「女性側が自ら詰めて来た時」は、好意を持ってくれていると判断して良いです。

例えば、「バーカウンターで距離をとって座っていたのに、相手から椅子を少し寄せてきた」というのはかなり好意があるサインです。

また、「膝をくっつけても女性側が離さなかった」という時も女性側は男性に好意を持っていると考えられます。

このように、「相手が好意を持ってくれているな」と確信できるまでは、自分のパーソナルスペースは広く取り、男性側からは距離を詰めないようにしましょう。この環境の方が、女性が好意を持ちやすくなりますよ。

男性は2人で食事に行くとついデートだと思って舞い上がってしまい、アプローチを早めたいと思いがち。

しかし女性は、2人で食事行くことをデートだと捉えてない方も多いので、できる限り女性のパーソナルスペースに合わせてデートをすることをおすすめしています。

ぜひ実践してみてください。


山本早織プロフィール

「結婚相談所Agum」代表。グラビアアイドル、銀座のホステスなどを経て婚活市場で起業し、結婚につながる恋のコンサルタントとして活躍。選択理論心理学や、自身の体験、恋愛学など様々な角度から男女の関わり方を研究し、年間約800回の恋愛コンサルを行い多くの婚活男女を成婚へ導いている。日刊SPA!「結婚につながる恋のはじめ方」(毎週木曜連載中)は最高60万アクセスを記録。TikTok「恋の保健室@SAORI先生」はフォロワー3万7000人を突破。

山本早織公式SNS

YouTube:恋の保健室 山本早織先生
Twitter:@yamamotosaori_
Instagram:saori_yamamoto
TikTok:saori_koishitai

関連画像

Service Ranking

関連恋愛コラム

恋愛コーチ
元グラドルの恋愛コンサルタント
山本早織

この恋愛コーチのサービス

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ