2021/04/16
女性心理

【実はシンプル!】女性が男性にされて嬉しい!記憶に残ること<早織先生の恋の保健室>

【実はシンプル!】女性が男性にされてうれしい!記憶に残ることサムネイル
監修:
山本早織

こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント、山本早織です。

これまで数多くの男性に対して恋愛のヒントをレクチャーしてきた私が「女性が男性にされて嬉しいこと」についてご紹介します。


男性が知らない、女性が本当に「男性にされて嬉しいこと」

男性に「女性はどんなことをしてあげたら嬉しいと思う?」という質問をすると、「プレゼントをあげる」「共感してあげる」「ほめてあげる」と多くの男性が答えます。

ですが逆に、女性に「どんなことをしてもらったら嬉しいと思う?」と私の会員さんに調査したところ、9割以上の女性が「女性として扱われることが嬉しい」と回答しました。

このように、男性が女性にしたら喜ぶと思っていることと、女性がしてもらったら嬉しいことには違いがあります。

では女性が嬉しいと感じる「女性として扱われること」とは一体どんなことなのでしょうか。

例えば男性が“女性にしたら喜ぶこと”として挙げた「プレゼントをあげる」。この時、友達にあげるのと同じような感覚でただプレゼントをあげるのでは、「女性として扱われること」にはなりません。

「君の為に選んできたんだよ」「この前〇〇ちゃんが欲しいと言っていたから見つけてきたよ」というように、その女性を特別に思っていることを伝え、ヒロインにするような感覚でプレゼントを贈ることが重要です。

そうすることで、女性は「私のことをすごく大切に思ってくれているんだな」と嬉しく感じるようになります。

また、女性をほめる時に「そのネイル可愛いね」とほめてもあまり効果は期待できません。

ネイルをほめてもネイリストをほめられた気持ちになり、自分が「女性扱いされている」と思えないからです。

なので、ネイル自体よりもネイルをしている本人が女性としてステキだという視点でほめることが大切になってきます。

ほめることや承認すること、共感することはもちろん大事なことですが、一番大切なのはそこに「あなたは女性として、僕にとって特別だよ」という「ヒロイン願望」を叶える要素を入れること。

そこを押さえることで、相手の女性を心から喜ばせることができるようになります。

男性が嬉しいのは「女性を見せてくれた時」

逆に、男性はどんなことが嬉しいのかを調べると、「女性を見せてくれた時」に喜ぶということが判明しました。

例えば、女性がデートの時に身体のラインが見えるような女性らしい服装で来てくれたり、手料理を作ってくれるというように、「自分に対して女性らしいところを見せてくれた時」に、男性は嬉しくなります。

「男性として扱われる」ことよりも、「自分にだけ見せてくれたんだ!」ということに喜ぶ傾向があるのです。

女性は「女性として扱われた時に喜ぶ」
男性は「女性を見せてくれた時に喜ぶ」
この違い、面白いと思いませんか?

なので男性は女性と接する時に「あなたは女性として僕にとって特別だよ」というヒロイン願望を叶えてあげることを意識しましょう。

そして重いものをもってあげたり、普段しっかりしていて頼りになる女性が相手だとしても、か弱い女の子として「女性として扱ってあげる」ことを心がけることが大切です。

そうすると、「ただほめる」「ただ承認する」「ただ共感する」男性の一歩先に行けるようになりますよ。ぜひ試してみてくださいね。


山本早織公式SNS

YouTube:恋の保健室 山本早織先生
Twitter:@yamamotosaori_
Instagram:saori_yamamoto
TikTok:saori_koishitai

関連画像

Service Ranking

関連恋愛コラム

恋愛コーチ
元グラドルの恋愛コンサルタント
山本早織

この恋愛コーチのサービス

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ