2021/05/07
出会い方・アプリ

<マッチングアプリ>30代男性が活動する時の心得【りすこの恋愛チャンネル】

【マッチングアプリ】30代男性が活動するときの心得
監修:
りすこ

こんにちは、恋愛コンサルタントのりすこです。

認定心理士の知識や、マッチングアプリで82名の男性と会った経験をもとに、恋愛のノウハウを提供している私が、「30代男性がマッチングアプリで活動する時の心得」についてご紹介します。

目次
第1章:30代の男性にマッチングアプリをオススメする理由
第2章:うまくいきやすい人とうまくいきにくい人の特徴
第3章:30代だからこそ気をつけてほしい注意点とコツ
第4章:30代の男性におすすめするアプリの選び方


第1章:30代の男性にマッチングアプリをオススメする理由

現在は、相席ラウンジ、街コン、スイッチバー、婚活パーティー、そしてマッチングアプリなど、色々な出会いの場があります。出会いの場の種類は年々増えてきていますが、その中でも30代の男性にはマッチングアプリがおすすめです。

その理由は2つ。

1つ目は自分のタイプの女性を探すことができるからです。

30代にもなると自分が大体どのような女性を好きなのかという好みがある程度固まってきます。アプリは検索ができるので自分のタイプの性格や容姿の方に絞って会うことができます。

これはとても大きなメリットで、20代の頃の「誰でもいいから付き合いたい。とにかく女性と付き合いたい」というテンションではない落ち着いた30代の方にぴったりな機能です。

2つ目の理由は、落ち着いた性格の方でも輝くことができる数少ない出会いの場だということ。

相席ラウンジ、街コン、スイッチバー、婚活パーティーはどうしてもその場を明るくできるような主人公キャラの男性がちょっと人気になりがちだったりします。その結果、落ち着いた性格の30代の男性は、引き立て役になってしまうことに…。

でもアプリなら大勢の人と一斉に同じ空間にいるわけではないので、落ち着いている性格の方にもアプローチする機会は与えられるのです。

ですから、チャンスが平等にやってくるのでちょっと落ち着いてきた30代の男性にもすごくおすすめです。

第2章:うまくいきやすい人とうまくいきにくい人の特徴

まず、うまくいきやすい人から説明していきましょう。彼らには大きく2つの特徴があります。

①結婚願望がある人

やはり結婚願望がある男性はすごくうまくいきやすいですね。20代の頃は結婚願望がなくてもある程度「いいね」を貰えますが、30代に入ってくるとちょっと雲行きが怪しくなってきます。

女性側の相談もよく受けますが、「結婚願望のない30代の男性と付き合う意味がない」と思っている女性は多い傾向があります。

ですから、「結婚してもしなくても今のところどっちでもいいな」と考えている人は、とりあえず「結婚願望がある」としておいた方がモテやすいですよ。

②清潔感がある人

やはり20代に比べると、30代は歳を重ねることで見た目もどんどん劣ってきてしまいます。だからこそ清潔感のある人とない人の差というのが、20代の頃よりもさらに大きく広がってしまうのです。

「清潔感」はざっくりしている言葉なので、これを聞いただけではどういうふうに清潔感を出していいかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういう方は、過去に私が「〝清潔感〟の正体とは一体なに?」という記事で説明しているので、それを見て清潔感について学んで、実行していただけたらと思います。


次にうまくいきづらい人の特徴も2つお伝えします。

①ありのまま信仰の強い人

「ありのまま信仰」とはありのままの自分を受け入れて欲しいと望んでいることです。30代は年を重ねられている分、自分を変えることにすごく抵抗があるという方がいらっしゃいます。

「今の自分のまま彼女を作りたい」という方もいらっしゃいますが、正直そういう方はかなり彼女を作るのが難しいと思います。

そもそも今の自分だからこそ彼女ができていないわけですよね?ということは彼女を作るためには自分を変える必要が必ずあるはずなのです。

外見にしても内面にしてもですが、それを絶対に変えたくないという方はうまくいきにくいでしょう。

②20代前半を狙いすぎる人

20代前半の方はもちろん魅力的です。自分と年が離れていたとしても、アプローチしたくなる気持ちも分かります。

しかし、私のお客さんのデータではだいたいプラスマイナス4歳ぐらいの年齢層の女性を狙う方が上手くいきやすいという結果になっています。

欲張って自分よりも7つも8つも年下の女性ばかりを毎回狙っていると、彼女がいつまで経ってもできません。

また、彼女ができたとしてもパワーバランスがおかしなことになってしまい、すぐに振られるということが起こりやすいです。

ですから、時々自分とかなり歳の離れている方へアプローチするのはいいと思いますが、メインターゲットとして毎回歳がすごく離れている女性に行ってしまうのはおすすめしません。

やはり成果が出にくいですし、うまくいったとしても一時的なもので終わってしまうケースがすごく多いからです。

第3章:30代だからこそ気をつけてほしい注意点とコツ


①写真をギラギラ下品にしない

「お金を持っているふうに装おう」というのは1つの手ではありますが、30代半ばから後半ぐらいの男性がすると逆効果になってしまうことも。

ブランド物や高級料理のアピールをしたり、ラグジュアリーな場所で写真を撮ってちょっと粋がっているポーズを撮ったり。このようなギラついた感じがしてしまう写真を設定するとかなりウケが悪くなってしまいます。

それはなぜかというと「30代にもなってまだまだ遊んでいるのかな?」といい年をして落ち着いていないという印象を女性に与えてしまうからです。

ですから、お金持ちアピールは下品な感じよりも害のなさそうなものにした方がよいでしょう。例えばカフェで友達にとってもらったような自然な写真の方が女子受けはよかったりします。

今、そういうギラギラ系の写真を設定されている方は、印象が爽やかなものに変えていただいた方がいいと思います。

②初回メッセージでは必ず敬語を使いましょう

20代の男性だったら初回からタメ語でも「フランクな人だなぁ」くらいで許されますが、30代となるとある程度の常識やマナーというのが求められてきます。

ですから、初回メッセージをいきなりタメ語で送ってしまうと「この人、常識ない人なのかな?」と思われて、メッセージを無視されることが多いです。

フランクさをアピールするのはもちろん大事ですが、せめて初回は必ず敬語を使った方がいいでしょう。

③結婚願望をアピールする

これは結婚願望がある方限定になってしまいますが、結婚願望があるのなら文章でストレートに表現した方がうまくいきます。

結婚願望があるのにすごく遠回しな言い方でそれを書いてしまう方が多いのですが、女性は「結婚できる男性を探している」というところもあるので、そこはストレートに書いていただいた方が「いいね」をもらいやすくなります。

もちろん財力や容姿など他の要素で強みをアピールができるのであれば「結婚願望なし」と書いても問題ないかと思います。

しかし、すべての要素が平均程度だとすると、「結婚願望はあります」と書いていた方が、すごく女性にモテやすいのです。

第4章:30代の男性におすすめするアプリの選び方

大前提として「自分が不利になる市場では戦わない」というのが鉄則。

時々「若い子がいいから」「カジュアルな雰囲気のアプリがいいから」という理由でTinderやタップルを使う30代の男性がいらっしゃいます。

これらのアプリは、若年層向けに作られているので30代の男性には結構不利になってしまいます。若い女性からおじさん扱いを受けてしまい、一度会えたとしても付き合うというところもまでなかなか行きません。

場違いな場所に行かないというのは自分を消耗させないためにもすごく大事なこと。アプリを選ぶ時は「自分より4歳若い女性がどこのアプリに登録しているのか」という観点で選ぶとよいでしょう。

30代の男性には、恋活であれ婚活であれPairsかOmiaiというアプリが一番よいのかなと考えています。会員数の多さや、年齢層、ほかのアプリに比べての治安などを踏まえると、真剣に彼女や結婚相手を探したい人にはこの2つがおすすめです。

「マッチングアプリを使ってみよう」「使っているけれどうまくいかない」と思っている30代の男性は、ぜひ今回の記事を参考にしてアプリ活動をしてみてください。


りすこ公式SNS

Twitter:@risu_ko25
Instagram:@risu__ko
YouTube:りすこ【男性用】

関連画像

Service Ranking

関連恋愛コラム

恋愛コーチ
テレビ出演多数の恋愛YouTuber
りすこ

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ