2021/05/02
女性心理

いい人止まりの男性が恋愛対象に変わるには?<認定心理士・りすこが解説>

りすこ
監修:
りすこ

こんにちは、日本心理学会認定心理士の資格を持つ恋愛コンサルタント・りすこです。普段は、認定心理士の知識やマッチングアプリで82人の男性とデートをしてきた経験をもとに、恋愛のお悩み相談にのっています。

印象はいいけれど、いい人止まりで恋愛対象にならない…そんなお悩みを抱える男性は少なくありません。“いい人”を脱するにはどうすればよいのでしょうか。今回はそのポイントをお伝えします。

自信なさげなふるまいは厳禁!

“いい人止まり”の存在から脱するにはまず、自信なさげなふるまいをやめること。女性に気に入られたいと思うあまり、女性の様子を必要以上に窺ってしまったり、お店選びやデートコースなどすべてを女性主導にしてしまう男性は、なかなか恋愛対象にはなりません。

女性との付き合いに対する遠慮や不安がお相手にも伝わってしまって、「この人には身を任せられないな」と思われてしまうんです。

男女が恋愛関係になるということは、身も心も相手にゆだねるということ。なので、女性が安心して「この人になら身も心も任せられる」、もっと言えば「体の関係になっても大丈夫」と思えるよう、ある程度自信を持ったふるまいをすることが大切です。

雰囲気のあるお店を選び、デートでは姿勢を正してゆっくり落ち着いた声でしゃべり、相手の目を見て、声をちゃんと張って。そうしたふるまいの積み重ねが、あなたが「男らしい」のか「頼りない」のか、その印象を決める要素になります。

そして、いい感じのムードになったら覚悟を決めて! ここぞという時に何らかのアクションをしないと、怖がっていると思われて異性として意識してもらえません。しっかりと行動で見せてあげることが大事です。

自信を持ってふるまえない大きな原因の一つは、「フラれたらどうしよう」という恐れですよね。その恐れに飲み込まれないために、はじめのうちは複数のお相手と同時進行することをおすすめしています。

複数の女性に同時にアプローチをしてもいいのかな、と不安になる気持ちもわかります。でもマッチングアプリでの恋活・婚活は、お付き合い前なら同時進行OKなんです。「この人にフラれても、次がある」くらいの気持ちで臨んだ方が、一人の女性に固執せずに済み、勢いもつきやすいと思いますよ。

恋愛についての話はぜひ積極的に!

デートでは、恋愛についての話もした方がいいです。といっても、構える必要はありません。「どういう人がタイプなの?」とか「今までどういうタイプの人と付き合ってきたの?」とか、軽い雑談のつもりで始めて大丈夫。

そういう話を振ると、女性の方からこういう人と付き合ってきたよ、みたいなお返事がくると思うので、そこから過去の恋愛の話に花を咲かせてもいいですし、「次はどういう人がいいの?」みたいな感じで理想の恋愛について聞いてみてもいいと思います。

マッチングアプリに登録している女性はみんな恋愛をしたいと思っているので、怖がらず恋愛の話を積極的に切り出してみてください。会話の主導権を握るつもりで! 恋愛の話を避けているとそれが自信のなさに映ってしまうこともあるので、ぜひ勇気を出してみてください。

ウィットに富んだ問いかけで余裕を感じさせて

会話の中で自然に冗談を言えることもけっこう大事です。いい人止まりになりがちな男性は、余裕が感じられないというか、直球のやりとりしかできなかったり冗談が言えない人が多いように感じます。

冗談を言って笑わせれば緊張がほぐせるというのもありますが、相手に精神的な余裕を感じさせることができるのが大きいです。たとえば「好きな食べ物は何?」と聞くのではなくて、「明日世界が終わるとしたら何食べたい?」みたいな感じで、簡単な問いかけにもちょっとひねりをきかせてみたり、変化球的な質問を投げかけてみたり。

そんな精神的余裕を見せることができれば、「この人は女性と話すのに慣れているのね、ということは、これまでいろんな女性に評価されてきたのね、モテる人なのね」と女性に思わせることができ、自然と相手にいい印象を与えることができるのです。


構成・文=酒寄美智子

りすこ公式SNS

Twitter:@risu_ko25
Instagram:@risu__ko
YouTube:りすこ【男性用】

関連画像

関連恋愛コラム

恋愛コーチ
テレビ出演多数の恋愛YouTuber
りすこ

この恋愛コーチのサービス

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ