2021/11/02
女性心理

【女性100人調査】どう見分ける?! キャンプ好き彼女・キャンプ嫌い彼女

【女性100人調査】どう見分ける⁈キャンプ好き彼女・キャンプ嫌い彼女

最近流行りのキャンプデート。一度は彼女と一緒にやってみたいという人もいるのではないでしょうか?

でも、女性はどれくらいキャンプに興味があるのか、不安ですよね。

そこで、今回は女性に、キャンプデートをしたいかどうかと、その理由を調査してみました。


キャンプデートをしてみたいですか?

キャンプデートをしてみたいですか?

●したい:34%
●したくない:66%


したい人、したくない人がおよそ1:2くらいという結果になりました。3人に1人はキャンプに興味があるようです。

多いと思う人もいれば、少ないと思う人もいそうですが、大切なのは「自分の彼女がキャンプをしたいか」。

理由を見ることで、自分の彼女はどちらに当てはまるのか、考えてみましょう。

キャンプデートをしたい理由

======================================
「楽しそうだから」(27歳/その他)

「今流行っているから」(22歳/サービス業)

「アウトドアが好きだから」(25歳/福祉)

「非日常を味わいたい」(22歳/農業)

「自然を感じれて癒されるから」(28歳/製造業)
======================================

多かったのは「楽しそうだから」という意見でした。

アウトドアや自然好きな人はやはりキャンプに興味を持ちやすいようです。また、「流行り」を意識した意見や「非日常」を味わいたいという方もみられました。

普段から自然好きだったり、トレンドに敏感だったりする彼女にはぴったりかもしれませんね。普段のデートがマンネリになってきている、というカップルにもおすすめです。

グランピングやバンガローなど、手軽に自然を楽しめる方法もあるので、最初は気軽なところから始めてみてはいかがでしょうか?


キャンプデートをしたくない理由

======================================
「虫が苦手だから」(27歳/製造業)

「アウトドア派ではないから」(27歳/その他)

「準備、実際のキャンプでの行動、帰りと全てにおいて大変そうだから」(37歳/専業主婦)

「キャンプ用品をそろえるのが大変」(39歳/専業主婦)

「暑いのが苦手なので」(20歳/学生)

「キャンプなどでは体調をすぐに崩して迷惑をかけてしまうから」(36歳/その他)
======================================

一番目立っていたのは「虫が苦手」だという意見でした。

自然の中で過ごす場合、虫はつきもの。苦手な人にとってはかなり辛い時間になるため、事前に虫が平気かどうか、聞いておく必要がありそうです。もちろん、虫除けスプレーや蚊取り線香、殺虫剤などは持参しましょう。

また「インドア派だから」という方も多い印象でした。屋内でゆっくり過ごしたい、という方にとっては自然の中はむしろ落ち着かないかもしれません。インドア派の彼女とどうしてもキャンプがしたい場合は、グランピングなど、屋内に近い環境でまったりするプランを提案してみると良さそうです。

同じくらい多かった意見は「面倒」「大変」というもの。準備や後片付けもありますし、道具も必要です。レンタルを活用したり、自分自身が設営をしっかり練習しておいたりと、彼女に負担をかけない工夫をすると、ハードルが下がるかもしれません。

最後に、「体調が原因でためらう」という意見もいくつかみられました。この場合は無理をすると後が大変なので、どういう環境が苦手なのかなど話し合う必要がありそうです。

終わりに

彼女と一緒に、自然の中で過ごすのは想像するだけで気持ちよさそうですよね。

しかし、人によっては様々な事情で抵抗を覚えることも。相手の普段の振る舞いや好みを元に、2人で楽しめるキャンプデートを考えましょう!



---------------------------------------
調査手法: インターネットリサーチ
調査対象: 20~30代の女性
調査期間: 2021年8月
協力: Freeasy
---------------------------------------

関連画像

関連恋愛コラム

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ