2022/05/29
コミュニケーション

モテたかったら場所の空気を読もう【武井ひろなの大人の恋愛講座】

武井ひろな
監修:
武井ひろな

こんにちは、イメージ戦略家の武井ひろなです。

好感を持たれる見た目の整え方や立ち振る舞いについて300名以上の男性に女性目線でアドバイスを行い、ナビゲーターを務める石田衣良 『大人の放課後ラジオ』でも多くの恋愛相談を受ける私が、恋愛に役立つ情報をお届けします。

空気を読むってどういうこと?

「空気を読もう」って言葉、嫌ですよね。「見えない空気を読むってなに?」と思うかもしれませんが、私が言っている『空気』というのは、その場所の『空気感』のことです。言葉ではいまいちピンとこないかもしれませんが、そこの場に入ればきっとわかると思います。

例えば、ホテルのラウンジと、居酒屋。この2つの場所の空気感、違いますよね?居酒屋だと「ガヤガヤしていて活気があって、お酒をたくさん飲んで、いい気持ちでわいわいコミュニケーションを楽しむ」という雰囲気です。ですから、そこでボソボソと喋ったりとか、しっとりと相手のことを聞いたりするのにはあまり向いてないと思いませんか?

逆に、ホテルのラウンジや景色がいいレストランは、「ワイワイガヤガヤ」というよりも「一対一の時間を楽しむ」「静かに話をする」という感じですよね。大きな声で手を叩いて笑ったり、話したりという雰囲気ではありません。

つまり、場所によって雰囲気を見極めて、そこにふさわしい振る舞いをして欲しいのです。これ、普段であれば皆さんできていると思うのですが、デートになると舞い上がってしまい、緊張したり焦ったりして忘れてしまうんです。

これの何が良くないかというと、自分は気付いてないから気にならないのですが、一緒にいる彼女がすごく恥ずかしい思いをしてしまうのです。周りから「わっ!あの人なんかすごく空気の読めない男の人と一緒にいるな」という目で見られてしまうのです。

冷静になってその場の空気を感じ取ることが大切

逆の立場になって考えると、場所の雰囲気を見極められない人と一緒にいるのは「難しいかな」と思いますよね?自分のプライドを傷つける人と付き合いたいと思わないですし、「ちょっと遠慮したいな」と敬遠する人が多いと思います。

これを1回目のデートでやってしまうと、2回目、3回目のデートに繋がっていかないので、ぜひ「焦り」や「緊張」を深呼吸などをして落ち着かせましょう。そして、冷静になってからその場の空気を感じ取ってみてください。

空気は「周りのお客さんにどんな人がいるのか」「どんな雰囲気や内装なのか」「店員さんはどんな様子なのか」これらをよく観察すれば読めるもの。それができていないのは、本当にただ見えてないだけ、感じられていないだけなので、一度冷静になってみることが大切です。この話をぜひレストランに入る前などに思い出して欲しいと思います。

場にふさわしくない態度は、店員さんだけでなく、周りの人にも不快な思いをさせてしまいます。また、レストランの雰囲気をぶち壊す人はいい席にご案内してもらえないという裏事情もあります。なので、せっかく好きな彼女と一緒にいて、世界一幸せにしたいと思っているのであれば、その女性に恥をかかせないようにしてくださいね。

今回は、『空気を読む』というお話でした。ぜひ場所の空気を読んで居心地のいいデートをしてもらえたら嬉しいです。

武井ひろなプロフィール

アパレル会社、葬儀会社勤務を経て冠婚葬祭や各種イベントのMC・司会、企画などを担当。また、離婚を機にコミュニケーション力と恋愛を学び、自己肯定感を上げるため数百万円の自己投資を行う。その後、イメージ戦略家として各種セミナーを実施し、これまでにアドバイスした男性は300名以上。ナビゲーターを務めたスタイリスト大山旬「最強の服選び」、連載を担当したオンラインファッション学習サイト「MFS ONLINE」などメディア出演実績多数。現在は、ニコニコ動画にて配信中の石田衣良『大人の放課後ラジオ』に出演中。

武井ひろな公式SNS

Twitter:@hirona_takei
YouTube:R25+大人の恋愛講座

関連画像

関連恋愛コラム

恋愛コーチ
メディア出演実績多数のイメージ戦略家
武井ひろな

この恋愛コーチのサービス

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ