2021/01/01
コミュニケーション

“優等生”ほど恋愛がうまくいかない理由とは⁉モテるためにおすすめな方法をプロが解説!

おとうふ
監修:
おとうふ

こんにちは、マッチングアプリのプロフィール添削のプロ・おとうふです。

これまでにPairsで300人以上と出会い、そこで培った経験やノウハウを生かしてマッチングアプリのプロフィール添削をはじめ恋愛サポートを行っています。

学生時代は成績もよくて優等生だったのに、恋愛市場ではまったくうまくいかないという方、意外と多いです。でも、そもそも恋愛においては、“優等生タイプ”だった人ほど苦労する傾向があるんです。その背景と対策についてお話しします。


なぜ「優等生はモテない」のか?

学生時代は真面目さがとても重要です。コツコツ努力して点数を取ったりルールを守って先生に気に入られたり、それ自体はまったく悪いことではなく大きな才能なのですが、「恋愛をうまくいかせる」という観点では不利になる場合が多いです。

なぜなら、恋愛においては「いかに他者に先駆けて異性のニーズを満たすか、相手に気に入られるか」という、一種のずる賢さが大事だったりするからです。

恋愛に限らず人間関係全般そうですが、必ずしも世の中的に正しいほうがうまくいくとは限らないと思うんです。それよりも、相手のニーズをどれだけ満たせるかが重要です。真面目に生きてきた人ほど、なんであんなにだらしないヤツがモテるんだ、と感じているかもしれません。実は、そう感じている時点で恋愛市場では勝負がついていることが多いです。

社会の仕組みの中では、真面目な人ももちろん必要です。ですが、人を集めるとか人を惹きつける魅力、という部分でいうと、不良っぽい男性やクズ芸人など枠からはみ出ている人の方が求められる傾向は確かにあります。女性は恋愛に対して、刺激とか面白さを求める方が多いので、恋愛市場となると、ルールに忠実な男性は難しいのかなと思います。

これを“理不尽”と捉えている限り、あなたは変われません。逆に真面目な人は、学生時代に得をしてきたと思うんです。もうそこで恩恵を受けきったと考えて、恋愛市場では恋愛市場のルールにのっとった振る舞いを心がけてみることが、打開のきっかけになると思います。

現状を「理不尽」と感じる元優等生へ

では、恋愛市場で得をするキャラクターを身につけるにはどうすればいいか。一つおすすめしたいのが、自分の中で「これはダメ」と思っているルールに敢えて抵触してみることです。

遅刻は絶対にダメと思って10分前行動を心がけている人はあえて時間ギリギリに行動してみるとか、必ず事前に予約をする人は予約しないで行ってみるとか。髪を染めたことがない人、ファッションで冒険をしたことがない人だったら金髪に染めてみたり、大胆なイメージチェンジをしてみるのもいいでしょう。

あえて自分が「ダメだ」と思っていることをやってみることで、案外「これでも大丈夫なんだ」と思えたり、ルールを守れない人の気持ちがわかったり、何かしら気づきがあると思うんです。

あとは、自分と真逆の性格の人とかかわることも一つの方法です。職場にいるちょっとモテる男性など自分が普段かかわらない人と接してみると、彼らがなぜそういう行動をするのか、行動の背景や育った環境との関連が見えてきて、「もうちょっと楽に生きてみていいのかな」と思えるんです。これがとても大事。肩の力が抜けていればもっと楽に人付き合いができて、あなたの本来の魅力が出てくるはずです。

実は、これって本当は学生時代にやらなきゃいけなかったことなんですね。人はそもそも、「反抗する」という過程を経ないと正しい発達をすることが難しいんです。

反抗期って絶対に必要で、いわゆる優等生だった人はそういう反抗期を経験しないまま来てしまっているので、自分を律することに慣れてしまっているんです。でも恋愛市場では、より積極的にアピールする人、より素直に感情を出せる人に光が当たります。そういう意味でも、あえて今反抗期をやるっていうのはすごく大事だと思うんです。

今現在、恋愛市場でうまくいかずに悩んでいる人、周囲の“不真面目なヤツ”ばかりがモテて理不尽だと感じている方は、今から反抗期をやってみて、本来の自分を解き放ってみてはいかがでしょうか。

おとうふプロフィール

マッチングアプリのプロフィール添削のプロとして活躍。「モテない」というコンプレックスを克服するためプロフィールを徹底研究し、Pairsで都道府県別1位(最高2000+いいね!)を獲得。300人以上と出会った経験や、日本心理セラピスト協会認定心理セラピストの資格を生かし、プロフィール添削・作成、写真選定サービスなど恋愛のサポートを行っている。TBS「マツコの知らない世界」などメディア出演実績や、セミナー、執筆、監修記事多数。2021年秋にKADOKAWAより女性向けマッチングアプリの本の出版が決定。


構成・文=酒寄美智子 撮影=島本絵梨佳

おとうふ公式SNS

Twitter:@o10fusan

関連画像

Service Ranking

関連恋愛コラム

恋愛コーチ
テレビ出演多数!ペアーズの赤ペン先生
おとうふ

この恋愛コーチのサービス

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ