2022/02/06
女性心理

それ自爆行為になってない!?女性が抱える「恋愛のトラウマ」5選

それ自爆行為になってない!?女性が抱える「恋愛のトラウマ」5選

恋愛における嫌な経験や苦い思い出は、誰にでも一つや二つあるもの。しかしそれがあまりに酷いものだと、今後の恋愛にまで影響を及ぼすトラウマに。

そこで今回は20〜30代の女性に、恋愛のトラウマを教えてもらいました。

もしかしたら彼女や気になっている女性も恋愛のトラウマを抱えているかもしれません。今お付き合いしている恋人または未来の恋人に嫌な思いをさせないためにも、この記事をチェックしてみてください。


浮気のトラウマ

===========================
「浮気されたこと、自分の作ったご飯を食べた後に浮気相手のところへ行って何食わぬ顔で帰ってきたこと」(35歳/小売業)

「同じ人に何度も浮気された」(28歳/専業主婦)

「付き合っている最中に浮気をされ、別れてからも相談に乗っていた、自己中心的な人間で最後は関わりたくなくて自分から去った」(28歳/専業主婦)
===========================
信頼していた恋人に、突如裏切りを突きつけられる浮気。女性に限らず男性も、当たり前にトラウマになりますよね。

男性は浮気する生き物だなんて言われることもありますが、相手を傷つけないよう誠実なお付き合いをしましょう。

金銭関係のトラウマ

===========================
「年上の彼氏が金欠の時に多めに払ったのをきっかけに、それから何も悪びれることなくお金を出してもらおうとするようになったことです、なぜか態度も悪くなり別れました、情けないと思いました」(30歳/運送業)

「デート代は全て私持ちでガソリン代も払っていました、段々目が覚めてきて何が普通なのかわからなくなりました」(33歳/サービス業)

「自分としてはなんとなく好意で行なっていた外食での支払いが、相手の意識ではヒモということ」(37歳/公務員)

「お昼ご飯代を貸してほしいと言われて、1,000円を渡したら人前で恥をかかせるなと怒鳴って叩かれた事です」(32歳/専業主婦)
===========================
金銭トラブルは人間関係を拗らせる主な原因の一つです。

男性が女性に毎回ご馳走する必要はありませんし、お金のことはお互いしっかり話し会ってルールを決めるのが良いですね。

同棲や結婚など2人の今後のことを考えることになった際も、お金にルーズな態度では信頼も何もありません。

遊ばれたトラウマ

===========================
「私の好意を利用して遊ばれたこと」(32歳/輸送業)

「初めて自分から告白して付き合った人に突然『別に最初から好きじゃなかった』と突然振られたときはショックすぎてご飯も食べられず眠れなかったです」(35歳/医療業)

「自分は普通に恋愛感情を持っていたが、相手にとっては独身最後の遊びだったこと」(31歳/医療業)

「4年付き合った人に自分たちの関係をカップルごっこと言われたこと」(30歳/専業主婦)
===========================
相手の「好き」という感情を弄んで、謎の優越感や安心感に浸るのは大変相手に失礼な行為です。謝れば済む話でもなく、時間や感情、様々なものを費やしてくれた相手に大きな心の傷を負わせてしまいます。

お互い遊びの関係を割り切っているなら良いですが、そうでなければ相手に真摯に向き合う必要がありますよね。

メンヘラ男のトラウマ

===========================
「昔うっかり付き合った束縛メンヘラ男のあまりの理不尽な束縛に耐え切れず 、別れを切り出したら目の前でリストカットされたこと、もうガチでトラウマでそれからはプラス思考な人としか付き合っていない」(35歳/サービス業)

「昔付き合った人大体が変な人。1人目はストーカー気質でSNSなどに悪口をかかれ、別れ話になったら『お前のことは全部調べた、覚えてろ』と言われた、2人目はメンヘラ気質で少しでも会えないと病んできて怖くて別れた後何人もの女性と浮気していた」(32歳/会社員)

「隠し事とウソが多く付き合って3か月後にバツイチと判明、ほとんど会ってくれないのは元奥さんと2人の子供達と会っていたからだった、派遣で借金があり酒癖も悪く耐えきれなくなり無理やり別れたらストーカーになった、暫くは誰も信じられなくなりました」(30歳/サービス業)
===========================
ちょっとの束縛やかわいらしい嫉妬は、恋愛において良いスパイスになりますが度を超えたメンヘラとなると話は別。心理的に非常に強いストレスを与えることになります。

相手はもちろん、自分の命まで簡単に脅かすような真似は絶対にやめましょう。

また、自分の機嫌を相手にとらせるのではなく自分の機嫌は自分でとることが、自分自身がメンヘラ化しない秘訣でしょう。

別れのトラウマ

===========================
「4年半付き合った彼に『好きな人ができたから別れて欲しい』と言われ、いきなりひとりぼっちになったこと、大切な人を失う喪失感を嫌というほど思い知ったので、かなりトラウマになっています」(38歳/専業主婦)

「付き合ってはないがデートをしていた相手と音信不通になった、それ以来いつ離れていくか分からないというある種の諦めを持つようになった」(28歳/製造業)

「それまで順調だったのに急に連絡が途絶えたことがあって不安になったことがある、前触れもないことが突然起こることにトラウマです」(33歳/サービス業)
===========================
これまで紆余曲折ありながらも、長い時間を一緒に過ごして当たり前に隣にいた存在が突然いなくなる。恋愛関係においてあるあるではありますが、その脆さを身に染みて感じトラウマになってしまう人も。失ってから気付くものもありますよね。

本気でお付き合いをしている相手であればあるほど、この関係を大切にするためにもお互いの努力がやはり恋愛では必要なようです。

まとめ

いかがでしたか?女性を対象に聞いたアンケートですが、男性のみなさんにも当てはまることが多かったのではないでしょうか?

この恋愛トラウマの記事を参考にして、恋人や好きな女性と末長く良い関係を築いてください。

NOVIOとは?

男性の恋活・婚活をサポートするサイトです。恋愛に役に立つ記事が読める他、マッチングアプリ用の写真撮影、プロフィール添削、恋愛相談など、NOVIO公認の恋愛コーチによる1対1のサービスが受けられます。


↓無料会員登録で「マッチングアプリ攻略本」プレゼント中!

---------------------------------------
調査手法: インターネットリサーチ
調査対象:20〜30代の女性
調査期間: 2021年10月
協力: ミルトーク
---------------------------------------

関連画像

関連恋愛コラム

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ