2021/01/02
実録・読み物

【漫画】「バレたくない…」ピンチを逃れる方法【最低男子力の底辺から這い上がる婚活日記65】

【最低男子力の底辺から這い上がる婚活日記65】

コロナ禍で女性との出会いの機会が失われ、婚活に苦戦している男性も多いのではないでしょうか?インスタグラムで人気の漫画家・和々寺らおんさんも婚活に思い悩んだ経験をお持ちのようで...。最低男子力・恋愛経験なしのリアルな婚活を綴った「和々寺らおん」さんのコミックエッセイをお届けします。


「みどり」との関係を保ちつつ、アプリ内で知り合った「紗菜」とも3週間前からやり取りをしていた「てっく」は、着々と彼女との距離を縮めつつあった。ところが、ある日のデート中「みどり」からアプリの退会話を持ち掛けられ…。


今回は、恋愛経験が少なく男子力もない主人公が、必死で婚活し幸せをつかみ取るまでの物語、第65話をお届けします!

「紗菜」との関係を切りたくない「てっく」だが、「みどり」とのやり取りを切り抜けられるのか…?!

65-1

65-2

65-3

65-4

65-5

65-6

65-7

65-8


↓【まとめ】和々寺らおんさんの「最低男子力の底辺から這い上がる婚活日記」こちらから 最低男子力の底辺から這い上がる婚活日記


「みどり」にアプリの退会を促されたが、どうしても彼女に携帯を渡すことを躊躇してしまう「てっく」。本来ならキッパリとアプリを退会すべきだが、「紗菜」と1度会ってみたいという考えを捨てられず…。

「みどり」に退会を促され、大ピンチの「てっく」。どう切り抜けるのか…?!次回、66話に続く。

【らおんの一言】
みどりちゃんだけを見ていればいいんですが、心というのはやっかいで、少しでも現恋人に不満があると、新しい人が現れたとき、「その不満をその人なら解消してくれるんじゃないか。」って思ってしまうんですよね。

和々寺らおんプロフィール

和々寺らおん(@raon.wawaji)
漫画制作歴10年。その後、ゲーム会社でシナリオライターとして活躍。
現在は、婚活に励みながら、その経験から得た知見や体験談を自身のSNSで漫画にして発信中。

和々寺らおんプロフィール

和々寺らおん(@raon.wawaji)
漫画制作歴10年。その後、ゲーム会社でシナリオライターとして活躍。
現在は、婚活に励みながら、その経験から得た知見や体験談を自信のSNSで漫画にして発信中。
HP https://raon-manga.com/

関連画像

関連恋愛コラム

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ