2022/03/12
女性心理

こんなのいらない…女性がホワイトデーにもらってガッカリしたプレゼント5つ

こんなのいらない…女性がホワイトデーにもらってガッカリしたプレゼント5つ

もうすぐホワイトデーですね。皆さんはバレンタインのお返しはもう決まりましたか?何をプレゼントしたらいいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、女性たちに今までホワイトデーでもらっていらなかったモノを教えてもらいました。

この記事を読んで、ホワイトデーのお返しを考えてみてください。


大量のお菓子

======================================
「お菓子の詰め合わせ。あまり甘いお菓子が好きではないから」(36歳/専業主婦)

「たくさん入っているお菓子。高級ブランドのものだとしても食べきれないし太るしニキビもできるのでやめてほしい」(26歳/金融業)

「マシュマロ。お菓子でももう少し違うものが欲しかった」(38歳/専業主婦)

「瓶に入っているカラフルな飴、持ち運べないしそんなに飴を食べないので消費に困りました」(34歳/医療業)

「クッキー。ダイエット中だったので」(33歳/サービス業)
======================================
ホワイトデーの大定番お菓子ですが、いらなかったという声が一番多い結果に。

消費できるし、無難なので選びがちですよね。ただお菓子がいらないという訳ではなく、その理由は様々でした。

まず1人で食べきるには多いと、正直迷惑なようです。喜んで欲しくてわざわざたくさん入っているものを選ぶ方もいるのではないでしょうか?

しかし賞味期限の問題もありますし、ここは1人で十分に満足できる量のお菓子を選ぶと良さそうです。定番のキャンディーやマシュマロも大量に食べるものではないので量を考えましょう。

また、甘いものが苦手、ダイエット中だから困ったという意見も。ホワイトデーをあげる女性のことを考えて、お菓子で喜んでもらえるか判断しましょう。

ネックレス

======================================
「イニシャルのネックレス」(31歳/小売業)

「ハートモチーフのネックレス、ダサいから付けない」(31歳/飲食業)
======================================
近頃SNS上で物議を醸しているネックレス。

イニシャルやハートモチーフだと少し幼く感じたり、お洋服に合わせづらかったりしてしまうのも事実です。もしネックレスにするなら、あまりファッションの邪魔をしないシンプルなデザインのものを選ぶと間違いないでしょう。

ハンカチ

======================================
「ハンカチはたくさん持っているのでいらない」(35歳/医療業)

「ハンカチ、たくさん持っているから」(36歳/インフラ)
======================================
日常でよく使う上にお値段もお手頃なので、無難にハンカチをプレゼントする方もいるのではないでしょうか?

しかし、エチケットなだけあって女性はすでにハンカチをたくさん持っていている場合も。あまりに生活に近すぎるものだと、かえっていらないと思われるかもしれません。

キーホルダー

======================================
「ご当地キーホルダー、なぜそれを選んだのか意味がわからなかった」(38歳/パート)

「デザインの悪いストラップ」(27歳/公務員)
======================================
キーホルダーをもらって使いどころがわからず困ったという意見も。

キーホルダーが好きで集めている方なら嬉しいかもしれませんが、大人になるとなかなか付けなく用途に困ってしまう可能性が高いので避けるのがベターです。

身に付けるもの

======================================
「手袋。こだわりは強いので身に付けるものは勝手にプレゼントされても困るから」(31歳/金融業)

「ダサいTシャツ。センスが悪くて外にはきていけないものだったので部屋着にしました」(34歳/家事手伝い)

「気持ちは嬉しいけれど靴は同じサイズでも形が難しい。特にパンプス系は」(37歳/小売業)

「蛍光ピンクのマフラー。若くないし似合わないから」(24歳/家事手伝い)
======================================
個人の好みやこだわりが強く出る衣服や靴。まだ寒さ残る時期なので、手袋やマフラーなどをプレゼントしたくなる気持ちも分かりますが、身に付けるものを贈る場合は注意が必要です。

もらったものを一度も使わないのも申し訳ないので身に付けたいけど、自分の好みじゃないから気が乗らない…とお相手を困らせているかもしれません。サイズ違いのものを貰ったら余計困ってしまいますよね。

もし一緒にホワイトデーのプレゼントを選びに行けるような関係性であれば、欲しいものを聞いてプレゼントするのが良さそうですね。

まとめ

女性たちが貰って正直困ったホワイトデーのプレゼントはいかがでしたか?

もしこの記事に紹介されていたものを検討中だった場合は、あげる方のことをもう一度考えて選んでみてください。

NOVIOとは?

男性の恋活・婚活をサポートするサイトです。恋愛に役に立つ記事が読める他、マッチングアプリ用の写真撮影、プロフィール添削、恋愛相談など、NOVIO公認の恋愛コーチによる1対1のサービスが受けられます。


↓無料会員登録で「マッチングアプリ攻略本」プレゼント中!

---------------------------------------
調査手法: インターネットリサーチ
調査対象:20〜30代の女性
調査期間: 2022年1月
協力: ミルトーク
---------------------------------------

関連画像

関連恋愛コラム

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ