2022/06/18
コミュニケーション

『年上上司』が『年下部下』に恋されるために最低限必要なこと

JURI
監修:
JURI

こんにちは、恋愛・婚活スタイリストのJURIです。

結婚相談所のカウンセラー、恋愛アカデミーの婚活セミナー講師として活動する傍ら、これまでに1万人以上の方の個別カウンセリングを実施。

請け負った会員は100%お見合いに至り、交際半年以内での成婚率が60%越えという実績を持つ私が、本気で彼女が欲しい男性に向けて、理想の彼女が出来る方法を女性目線でご紹介します。

40代や50代の男性で、タイトルにあるような「年下の部下」が好きという人、実は結構多いんです。今回は、年下の部下とプライベートでうまくいくために、年上上司が知っておくべきこと、すべきこと、気をつけるべきことなどについてお話しします。


男磨きしていることが伝わらないと土俵にも立てない

年上上司が年下部下に好かれるために何より重要なのは、ズバリ「見た目」です。「いやいや、俺は中身で勝負する!」などと言っている人も、中身にプラスして見た目にも気を使わないと、そもそも土俵に立つことすらできないことを知っておきましょう。

体型をカッコよく保つことも大事ですが、男磨きしてるんだなと思わせないと、その他大勢のおじさん上司と一緒。年齢が上がれば上がるほど、ちょっと身なりに気をつけるだけでカッコよく見えるものです。なぜなら、ほかの人たちがやってないから。人よりひとつ秀でるものがなければ注目されません。

具体的には、例えば職場でスーツを着るなら、スーツ姿をカッコよくすべき。今はオーダーメイドでもそれほど高くないものが作れるので、体にフィットした、カッコよく見えるジャストサイズのスーツを着るようにしましょう。スーツを着ない職種でも、着るものに気を使うことはマストです。

とにかく、外見が対象内じゃないと、書類選考すら通りません。そこに若い男性の部下もいるのであれば、その男性より素敵じゃない限り、選んでもらうのは難しいでしょう。そんな中で自分を選んでもらえるためには何をすべきか、周りをよく見て考えましょう。

女性から相談に乗ってもらえる存在に。ただしアドバイスは不要

見た目も大事ですが、年上上司の最大の武器は、よき相談相手になれること。この上司に話せば何でも聞いてくれる、味方になってくれる、と思われる存在になりましょう。

例えば部署内でなんでも話せるミーティングを開く、通りかかったときに「困ったことがあったら言ってね」と言うなど、自分の置かれている状況でのベストを考えましょう。

ただし、ひとつ注意してほしいのが、アドバイスはダメということ。余計なアドバイスをして嫌われちゃう人が多いので気をつけましょう。男性はアドバイスをしてカッコいいところを見せようとしがちだけれど、女性は基本的に話を聞いて、寄り添ってほしいだけ。

もしどうしてもアドバイスをしたいなら、たっぷり話を聞いて寄り添った後に「僕からアドバイスがあるんだけど、いる?」「ひとつだけアドバイスしていい?」などと聞きましょう。寄り添う姿勢もなくアドバイスするのが一番嫌われます。しかも否定的な内容だったりすると、この上司にはもう相談したくないと思われてしまうかも。

何より、味方でいてあげるという姿勢が大事。できる上司になるよりも、寄り添える上司になりましょう。

差し入れは効果絶大。「みんなでどうぞ」がポイント

これはちょっとした裏ワザですが、おやつなどの差し入れは実はとっても効果的。みんなの疲れがたまっていそうなときに「みんなで食べて」と甘いものを差し入れしてみましょう。それだけで、あなたの株は爆上がりです。

この裏ワザ、「みんなに」というのがポイント。男性はお気に入りの女性だけにピンポイントでサービスしようとするのですが、みんなにしたほうがより効果的なんです。そうすれば周囲の同僚の女性たちも「○○部長、いいじゃーん」と盛り上げてくれます。

女性はまわりの評価をとても気にするもの。みんなからも評価されている人、いいねと言ってもらえる人と付き合いたい・結婚したいと思っているんです。えこひいきより、周囲を巻き込むが勝ち!ですよ。

セクハラと誤解されないために、順序を知りましょう

「年下部下との距離を縮めたいけれど、セクハラだと思われないか心配…」
「誤解を受けないような距離の縮め方を知りたい…」
という男性がいますが、これだけは知っておきましょう。まだお互いの距離感もつかめてないのに、相手に好きになってもらおうとするからセクハラになっちゃうんです。

例えば、まだ仲良くなってもいないのに、順番を飛ばしていきなり食事に誘ったり、2人でしゃべったこともないのにいきなり告白したりとかする男性は意外と多かったりします。何かをするというより、相手を理解しようとするのが先です。

反対に、距離感が縮まっていたら、セクハラだと受け取られません。これをしたらセクハラになる、のではなく、まずは心の距離を縮めることを目指しましょう。

JURIプロフィール

2011年に恋愛・婚活セミナー講師として開業。その後、東証一部上場結婚相談所IBJのカウンセラーや恋愛アカデミーの結婚セミナー講師、その他結婚相談所などと提携して活躍。 自身でも恋愛・婚活セミナーや個人カウンセリングを実施し、述べ10000人以上を担当。請け負った会員は100%お見合いに至り、交際から半年以内で成婚に結び付けた確率は60%を超える実績を持っている。著書「彼女が欲しい方必見!必勝☆モテる出会いの技術」、「次・また会いたい人」を出版、AppleのPodcastラジオでは、「野獣でも美女を捕まえるテクニック。女性の本音、教えます。」のパーソナリティ等でも活躍している。

取材・文=前川ミチコ

JURI公式SNS

Twitter:@jurijurings
Instagram:arimajuri
YouTube:JURIのモテ男くん養成ch

関連画像

関連恋愛コラム

恋愛コーチ
恋愛マインドを学ぶならこの人
JURI

この恋愛コーチのサービス

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ