2022/05/07
女性心理

共通の趣味でも要注意!趣味による女性の印象ダウンを防ぐ方法4選【女性100人調査】

共通の趣味でも要注意!趣味による女性の印象ダウンを防ぐ方法4選

気になる女性と趣味が同じ場合、話のネタやデートプランに組み込んで親密度アップにつなげたい!と思う男性は多いのではないでしょうか。

たしかに、好きなものが同じということは、弾んだ会話やお互いが楽しいデートにつながりやすいため、恋愛において有利になる場合が多いと言えそうです。

一方で、女性があなた以上にその趣味にのめりこんでいない場合、熱量のミスマッチが印象の悪化につながる危険があります。

この記事では、20~30代の女性が男性との共通の趣味に熱量の差を感じた経験があるかどうかを調査しました。また、男性が趣味に熱中している場合、女性から嫌がられないためにはどのようにふるまえばいいのかを紹介します。


気になる男性との共通の趣味に、熱量の差を感じた経験はありますか?

Q 気になる男性との共通の趣味に、熱量の差を感じた経験はありますか?

〇ある 31%
〇ない 69%


気になる男性との共通の趣味で、およそ3人に1人が「気になる男性との共通の趣味に熱量の差を感じたことがある」と回答しました。

また、男性に良く思ってほしいあまり、趣味に没頭しているように話を合わせている女性も一定数います。自分の彼女は自分と同じくらい趣味に熱中しているから大丈夫!と思っている人も注意が必要です。

趣味への熱中 女性からの印象ダウンを避けるには?


趣味に熱中することが必ずしも女性に悪い印象を抱かせることにはつながりません。趣味に対してどのように向き合っているかで、女性からの印象をコントロールすることができます。

ここでは、趣味への熱中に関して「気にならない」「むしろ好印象!」と女性が思うような言動を4つ紹介します。


1.他人に趣味への共感を強要しない
======================================
「他人にその趣味の良さを無理に理解させようとしない。受け入れてくれない人がいても攻撃的にならない」(34歳/家事手伝い)

「程よいペースで自分を誘ってくれて基本は1人で楽しんでることです」(34歳/小売業)
======================================
自身が好きなものの良さを相手にわかってほしいと思うのは自然なことですが、それが度を過ぎると周囲の人の迷惑につながり、女性への印象も下がってしまいます。

趣味への愛があふれた場合には、彼女にそれを理解してもらおうと躍起になるのは得策とは言えません。もともと自分と同じくらいその趣味が好きな人たちと盛り上がるのが良いでしょう。

2.趣味への出費が常識の範囲である
======================================
「自分の稼ぎに余裕のできる範囲内でお金を使えていること。課金やグッズ購入によって毎月カツカツなのは優先順位が違うと思うから」(24歳/家事手伝い)

「お金の使い方がルーズではない人」(20歳/学生)
======================================
趣味を人生の最優先事項とし、それにつぎ込みすぎる男性のことを女性はよく思わない傾向にあります。

彼女との関係が続けば、いずれは生活を共にする可能性も十分あり得ます。現在の生活だけでなく、将来のライフプランを考えたうえで、無理のない範囲で趣味を楽しみましょう。

3.趣味の良さを魅力的に伝えられる
======================================
「趣味を一緒にやるように強制してこない人。その趣味の良さや魅力をユーモアを交えて話せる人」(37歳/公務員)

「話し方が上手な人です。こちらがもっと知りたくなるようなおもしろい話し方をしてくれる人は、趣味の話をしていても楽しく聞けます。そして、ちょっと飽きてきたかな?というタイミングを見逃さず、こちらの話も聞こうとしてくれる人は好感度が高いです」(39歳/専業主婦)
======================================
魅力的な宣伝が消費者の購買意欲を掻き立てるように、あなたがその趣味の良さを魅力的に語ることができれば、女性は興味をもって話に乗ってくれるかもしれません。

趣味について話す際には、それを詳しく知らない人にも理解できるような言葉を使ったり、大枠の魅力を伝えてから相手の興味に合わせて少しずつ細分化したりするように意識すると良いでしょう。

4.趣味で生活を充実させている
======================================
「生き生きと楽しそうで、おかげで仕事などの生活が頑張れている人。 趣味に没頭して仕事などがおろそかになっていたり、疲れて不機嫌になったりする人は最悪です」(38歳/インフラ)

「見栄などの邪な理由ではなく、純粋に自分の楽しみや心身あわせた自己成長のために趣味をしている人」(31歳/サービス業)
======================================
好きなもののおかげでハリのある人生を送れている人は、男女関係なく魅力的に感じますよね。

趣味に打ち込んだ結果自分にも周囲にも良い影響が生じるならば、それはまさに理想的な趣味との向き合い方を言えそうです。彼女はそんなあなたを魅力的に感じることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、女性が男性との共通の趣味に熱量の差を感じた経験があるかどうかを調査しました。また、男性が趣味に熱中している場合、女性から嫌がられないための上手なふるまい方を紹介しました。

彼女と自分が共通の趣味を持っているとは限りませんし、たとえ同じものが好きだったとしても、それに対する熱量まで同じということは、ほとんどないかもしれません。

それでも、趣味への愛と上手に向き合うことによって、趣味と彼女どちらかを捨てなければいけない…という事態を避けることができます。

この記事を参考に、趣味も恋愛も充実した毎日を送ってくださいね!
---------------------------------------
調査手法: インターネットリサーチ
調査対象: 20~30代の女性
調査期間: 2022年2月、3月
協力: フリージー、ミルトーク
---------------------------------------

関連画像

関連恋愛コラム

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ