2022/05/16
コミュニケーション

【実録】距離感バグってない!?女性がドン引きする口説き文句6選

【実録】距離感バグってない!?女性がドン引きする口説き文句5選

気になる女性に意識してもらうために、どういった言葉をかければ良いだろう…と悩む男性も多いのではないでしょうか。

恋愛において言葉は相手を知るための大切なコミュニケーションツールといえます。それゆえに言葉の与えるインパクトは案外大きく、「彼に言われた言葉がきっかけで、もう彼を男性として見れなくなった…」というケースも存在するのです。

今回は、女性が男性にされてドン引きした「口説き文句」を紹介します。これを読んで、彼女を振り迎えせるために踏んではいけない地雷を学びましょう!

1.面識が薄い人に口説かれる

======================================
「物理的な距離の詰め方が素早い人と隣の席になったとき、『○○ってかわいいね』と面と向かって言われました。気持ち悪いな、変な人だなと思ってしまいました」(34歳/専業主婦)

「初めてあった人に、『笑うといい顔だよ』と言われた。タイプでない男性だったし、なぜそんな上から目線なのかわからない」(38歳/専業主婦)
======================================
「かわいい」「きれいだね」という言葉はわかりやすいアプローチの方法ですが、一方でこのような甘い言葉を面識のあまりない人に言われると、女性は警戒心を抱くことが多いようです。

その女性と真剣にお付き合いしたいのであれば、最初からそういった口説き方をするよりも、お互いのことを知るための対話を重視する方が、二人の距離感もより早く縮められそうですね。

2.彼氏がいるのに迫ってくる

======================================
「彼氏がいると言ってるのに『会おうよ』と言われたとき。断ってもしつこく連絡がくるから嫌になって連絡を返さなくなった」(31歳/小売業)

「彼氏がいることをほとんどの人が知っていたのですが、電話をしてきて『声が聞きたかった』と言われたことです」(33歳/サービス業)
======================================
彼女には彼氏がいるけど、それでもあきらめられない…!という男性もいるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら彼氏がいる女性に対して好意を向けすぎても、女性を困らせるだけのようです。彼氏がいる女性へのアプローチは極力控えるのが無難と言えるでしょう。

3.恋人気取りなセリフ

======================================
「夜に歩いているときに寒いと言ったら『手繋ぐ?』と言われたこと。急に距離を詰めてきて引いてしまいました」(29歳/保険業)

「上司からの命令でデートに行った初日に『いちゃつこう』と車を止められたときに、気持ち悪く思い、車を出ました」(37歳/専業主婦)
======================================
女性と親密な関係になるには、原則段階を踏んでいくことが重要です。付き合ってもいない相手からまるで恋人のようなことを言われると、「なんの勘違い!?」と女性をドン引きさせてしまいます。

恋人らしいセリフは恋人になってから。まずはデートのお誘いや対話を通して二人の関係を深めていくことを優先しましょう。

4.女性の気持ちをわかったような発言

======================================
「『一緒にいると安心するよね?そういう顔してる』と言われたこと。勘違いすぎて気持ち悪かった」(34歳/サービス業)

「仕事でその人とのシフトがまったく重ならなかったことがあったとき、自分は気にするどころか気づいていなかったのだが、『嫌だよね。最近出会えなかったのはシフト作成者の仕業だな』と言われたこと。何の勘違いだろうと思った」(31歳/サービス業)
======================================
「僕がこう思っているから、君も同じように思っているよね?」など、自分の気持ちを決めつけるような発言は印象が悪いという意見が複数寄せられました。このような発言を男性からされると、女性は不快感を覚えることもあるので注意が必要です。

よっぽど親密な関係でない限りこのような発言は避けた方が良いでしょう。

5.親しくない相手に目撃報告される

======================================
「同級生でSNSでつながってはいるが連絡を取り合う仲じゃないのに、『さっき〇〇で見かけたよ!』と個別メッセージを送ってくる。見かけたからどうしたのか、どうしたいのか、全く分からず気持ち悪いと思いました」(32歳/専業主婦)

「会社の同期のグループラインで、『今〇〇にいましたよね』とメッセージを飛ばされる。プライベートを詮索されたくないし、ストーカーのようで気持ち悪いと思った」(28歳/化粧品メーカー)
======================================
気になる女性をたまたま街中で見かけると、嬉しくなったりこれを会話のきっかけにしよう!と思う男性もいるかもしれません。

しかし、目撃報告は女性からすると「…だからなに?」と会話に困る場合もありますし、ときには「プライベートを詮索されたくないのに…」と嫌な気持ちにさせてしまうこともあるようです。

まだそれほど仲の良い関係ではないのであれば、出先でたまたま女性を見かけても、あまりはしゃがずに、そっとしておく方が良いかもしれません。

6.センスのない口説き文句

======================================
「ちょっと気になる人が飲み会の帰りに家まで送ってくれ、浮かれてたら『俺の左手100円』と言われてドン引きした。センスもムードもないし、言われてから会うたびに気持ち悪く感じるようになりました」(31歳/専業主婦)

「『俺って歴代彼女めちゃくちゃ美人ばっかりなんだよね。その中に入れてあげようか?』と言われた。上から目線で気持ち悪かった」(32歳/サービス業)
======================================
当然、上から目線な口説き文句やセンスのない言葉選びをすると女性をドン引きさせてしまいます。この場合、「気になっていた相手だったのに、セリフのインパクトが強すぎてもう彼を恋愛対象の候補として見れない…」という事態に発展しかねませんので、要注意です。

自分が良かれと思ってした発言がかえって自分の株を下げてしまっていないか、一度客観的な視線に立って考えてみてもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?今回は、女性が引いた男性の口説き文句を紹介しました。

今回の調査で明らかになったのは、女性が気持ち悪さを感じるセリフとは、内容以上に言われる相手との関係性も重要になってくるということです。

好きでもない相手や初対面の相手に距離感をグッと縮めるような発言をされると、女性は思わず距離を取りたくなるもの。ここぞというときのセリフは、お互いの関係性が親密になるまで取っておきましょう。
---------------------------------------
調査手法: インターネットリサーチ
調査対象: 20~30代の女性
調査期間: 2022年4月
協力: ミルトーク
------------------------

関連画像

関連恋愛コラム

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ