2022/06/22
女性心理

恋人の円満な関係構築のために 「ルール」は必要? カップルを不幸にするルールも調査!【女性100人調査】

恋人の円満な関係構築のために 「ルール」は必要か、女性の本音を調査【女性100人調査】

大好きな彼女とはこの先も仲良く円満な関係でいたいですよね。そのために努力をしているというカップルも多いのではないでしょうか。

この記事では、女性はカップルの良好な関係維持のためにルールが必要だと思っているか、調査しました。

あわせて、関係を良好にするルールと逆に悪化させるルールも紹介します。


恋人と円満な関係を続けるために、なんらかのルールをつくることは必要だと思いますか。

恋人と円満な関係を続けるために、何らかのルールを作ることは必要だと思いますか。

〇はい 71%
〇いいえ 29%


恋人と円満な関係を構築するためにルールをつくることは必要であると考える女性が全体の7割を超えるという結果になりました。

多くの女性が、なんらかの決まりを設けることで、彼氏と気持ちの良いお付き合いができると考えているようです。

カップルのルールには2人を「幸福」にするものと「不幸」にするルールがある


一方で、なんでもかんでもルールとして決めておけば良いというわけではありません。むしろルールを設けたからこそ、その決まりに縛られてお互い居心地が悪くなってしまうこともあります。

カップルを「幸福」にするルールと「不幸」にするルールとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

カップルを「幸福にする」ルールとは?


1. 思っていることは正直に話す
======================================
「遠慮しないこと。遠慮しているといつまでも本音で話せないから」(25歳/サービス業)

「喧嘩したらお互いが納得いくまで話して解決させる。 どっちかが我慢したり折れたら、 また同じことが起きたときにお互いが嫌な思いになるから」(29歳/製造業)
======================================

直してほしいと思ったことをその場で言わなかったことで、一方の不満がたまり「あのときもそうだった」と爆発してしまう…というのはよくあるケースといえます。

思っていることはその場で正直に話すようにすることで、激しい言い合いに発展することを防げているという意見が多く寄せられました。

2.お互いの「嫌い」「嫌だ」を共有する
======================================
「お互いのここからが浮気であるというラインを話し合って、相手が傷つく行為を確認しておくこと。 相手が自分と同じ考え方だとは限らないから」(21歳/学生)

「嫌いなものを言う。そうすることで揉め事がなくなる」(30歳/その他)
======================================
「お互いが嫌がることはしない」というのはカップルに限らずどんな関係でも必要なことです。そのためには、お互いにとって何が嫌なのかを知る必要があります。

異性との交流や家事のやり方などについては、「自分は大丈夫だから相手も気にしないだろう」と決めつけるのではなく、何が良くて何がダメなのかをすり合わせるのが大切です。

3.喧嘩した際にどうするかを決めておく
======================================
「喧嘩しても、夜にはごめんなさいと言う」(34歳/その他)

「喧嘩はその日のうちに終わらせる」(24歳/その他)

「イライラしたら実家に帰る。八つ当たり防止のために重要」(25歳/サービス業)
======================================
カップルは物理的な距離も心理的な距離も近く、相手のことが見えすぎてときには喧嘩に発展してしまうということもあるでしょう。

そのときに、仲直りできるためにどう対処していくかを決めておくと、2人の仲が必要以上にこじれるのを防ぐことができますよ。

カップルを「不幸にする」ルールとは?

1.会う頻度を決める
======================================
「最低でも1週間に1度は会うこと。仕事などの疲労回復が追いつかなくなっていった」(33歳/教育業)

「日曜日はデートすること。会いたくないときもあって面倒だった」(24歳/メディア)
======================================
会う頻度を決めることで、会いたくない日や忙しい日も会わなければならず辛かったという意見が寄せられました。

会うことを義務にするのではなく、そのときに居心地の良い柔軟なお付き合いをするのが良いかもしれませんね。

2.スマホやSNSの取り扱いを決める
======================================
「SNSの詮索をしないこと。 SNSの異性のフォロワーを見てどんな関係なのか詮索したくなるから干渉しないことにしたが、気になって逆にギクシャクしてしまったので明確に聞くのが1番だった」(25歳/サービス業)

「携帯をお互い見れるようにした。 隠し事はないし浮気とかでもないのに、 地元の友達との連絡を見てしまい、私の知らない彼を知ってると思ったら嫉妬した」(29歳/製造業)
======================================
スマートフォンやSNSには個人情報がたくさん載っています。中には、彼氏のあなたでも知らない彼女の一面がそこにはあるかもしれません。

隠し事をしない!といった理由でスマートフォンやSNSの取り扱いに関するルールを設けたカップルの中には、そういった「自分の知らない恋人の情報」を意識しすぎてうまくいかなかったという事例があるようです。

まとめ

今回は、女性がカップルの円満な関係維持のためにルールが必要であると思っているかを調査しました。

7割を超える女性が「ルールはあった方が良い」と回答する一方で、2人を幸福にするルールもあれば不幸にするルールがあるということも判明しました。

この記事を参考に、1度彼女と良い関係構築のためのルールについて話してみてはいかがでしょうか。
---------------------------------------
調査手法: インターネットリサーチ
調査対象: 20~30代の女性
調査期間: 2022年5月
協力:フリージー
---------------------------------------

関連画像

関連恋愛コラム

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ