2022/01/09
コミュニケーション

【婚活】真剣交際中に破局してしまう割合とその理由(結婚相談所でのデータです)<さよなら婚活チャンネル>

【婚活】真剣交際中に破局してしまう割合とその理由(結婚相談所でのデータです)<さよなら婚活チャンネル>

結婚相談所のカウンセラーゆりひとみの2人が婚活を早く卒業するための方法をご紹介する「さよなら婚活チャンネル」。

婚活女性への徹底したアドバイスを得意とするゆりと、婚活男性に特化したアドバイスを武器にするひとみという婚活市場を知り尽くした2人が、今回は「真剣交際中に破局してしまう割合とその理由」についてお話します。

真剣交際中でも○組に1組が破局!?

ゆり:さよなら婚活チャンネルのゆりです。男性から選ばれる秘訣をお伝えしています。

ひとみ:さよなら婚活チャンネルのひとみです。女性から選ばれる秘訣をお伝えします。

ゆり・ひとみ:よろしくお願いします!

ゆり:「真剣交際に入った後に破局することはありますか?」という質問をよくいただきます。

ひとみ:いただきますね。では、ゆりさんのお話の前に結婚相談所のシステムを一応ご説明しますね。

ゆり:お願いします!

ひとみ:結婚相談所で活動をしてお見合いから交際に進むと、そこから3か月間の交際期間があります。

ゆり:3か月ルールですね!

ひとみ:そのルールの内訳があるのですが、最初の約2か月間は『仮交際期間』なんですね。この『仮』がついているときはお見合いをしてもいいですし、他に交際相手が増えても別に構いません。

ゆり:複数交際OKです。

ひとみ:そして、この期間を経て残りの1か月は『真剣交際』というステータスになります。

ゆり:真剣交際では、一対一の交際になりお見合いもできなくなります。

ひとみ:お見合いもできなくなって、他の交際相手も全部お断りします。「僕と真剣交際になりませんか?」という仮のプロポーズみたいな感じですね。真剣交際の期間は1か月しかないので、ここはもうご成婚間近の超貴重な1か月!

ゆり:そうなんです。真剣交際中はご両親にご挨拶をしたり、住まい探しや指輪を見に行くなど、ほんとに具体的なことを決めていくとても大事な時期なんですよね。

ひとみ:「真剣交際まで行ったからもう大丈夫だろう」と思う方が多いんですけれども、油断してはいけません。今回は、破局する割合・理由についてお話しします。

ゆり:はい、真剣交際でも破局するケースはあります。約4組に1組くらいの割合ですね。結構多いのかもしれません。今は少し減っていますが、「やっぱりちょっと違いました」とケースがよくあります。

「好きになれるはず」と思ったのに…

ゆり:本当に結婚したくて頑張った女性に多いのが「条件がいいし、優しい人で相手もノリノリだから『この人だったら!』と思って進んでみたものの、やはり気持ちが動かなくて、『この人じゃなかった』ということに気づいてしまう」というケース。

ひとみ:そっかぁ…

ゆり:ちゃんと好きになっていない状態で、男性の気持ちに合わせすぎてしまった女性は、真剣交際に進んで「ご両親に会う!」「住まいどうする!?」となった時に「あ…ほんとに進むんだ」と思ってしまうんです。そして「好きじゃない」とそこではじめて気付く。こういうケースが結構あって、1つのパターンなのかなと思います。

ひとみ:なるほど〜。

ゆり:自分の気持ちをごまかしてきちゃうんですよ。「条件もいいし、相手も自分のこと好きになってくれて…」

ひとみ:「好きになれるはず!」と?

ゆり:そう!そうなんですよ!

ひとみ:仮交際期間でたくさんお見合いもしてきて、悪い人じゃないし、きっと楽しいはずだと。好きになれるはずだと。

ゆり:優しいし、一生懸命自分の為にいろいろしてくれるし。条件的にも決して悪くない。

ひとみ:でも真剣交際で「キキーッ!」ってブレーキかかるんですよね。「やっぱり違うわ!」「この人のこと好きじゃないな…」と。

ゆり:そう、そのパターン多いんです。この「初めて気づく」というのが1つ目のパターンです。

ひとみ:でもしょうがない!男性にも失礼だから。「ごめんね」と言って、これは破局してもいいでしょう。

ゆり:いいと思います。入籍したあと「やっぱり好きじゃない」となった方が、お互いダメージが大きいじゃないですか。だったらここで別れた方がいいですよ。

ひとみ:うん。うん。素敵な話ですよね。なんか…忘れられない人になるじゃないですか。

ゆり:そうですよね。

「成婚できる」と思うと女性は油断しがち

ゆり:これは男性がすごくプッシュしてくれて、真剣交際に進んだ場合です。この場合は女性にも好きな気持ちはあります。あるんだけど、ちょっと油断してしまうんですね。「もう成婚できる」となって、諸々を決めるときに自分を優先してしまうんです。

ひとみ:それはショックですね…。

ゆり:住まいを選ぶときに「私絶対ここの家じゃないと住みたくない!」とか。猫をかぶってるわけじゃないけれど、まだそんな距離感じゃないのに、もう結婚できるつもりになってしまうんですよね。

ひとみ:結婚相談所あるあるかもしれませんね。なぜなら、年収を知ってるからですよね?

ゆり:そう!

ひとみ:急に強欲になるんですよね。

1
2

関連画像

関連恋愛コラム

Recommend Service
今週のおすすめ撮影サービス

Pick Up Service
注目のサービス

サービスカテゴリ

コラムカテゴリ

いま注目のコーチ